新法の特徴

土地新しく施行された借地借家法の特徴ですが、こちらは旧法に比べて地主の権利が強くなりました。それまでは借地人や借家人の権利が大きくなりすぎてしまい地主の反発を招いてしまいましたし、そうした問題点を踏まえた上で新しく借地借家法が誕生したのです。定期借地権つきの建物の場合だと契約する期間が満了すると借地人は土地を更地にして地主に返さなくてはならなくなりましたし、以前のように返す返さないで揉めるようなこともなくなりました。借地権の更新もできませんし、昔のように土地の返還を巡ってトラブルが発生するということも少なくなったのです。

つまり、借地借家法の旧法と新法の違いというのはどちらの権利を重視するかという部分が違います。旧法では立場的に弱いと考えられる借地人や借家人に強い権利を与えてしまいましたが、それが原因でトラブルが多発してしまいました。そのため、新法では地主に強い権利を与えています。もちろん、地主の権利が強くなりすぎてしまっては借家人や借地人が不利になりすぎてしまいますからそこはしっかり考えられています。旧法のように偏らず、均衡したバランスを保てるようになったことが大きく変わったポイントではないでしょうか。