旧法の問題点


考える人立場の弱い人を守るための法律、と言えばとても素晴らしい法律のように思えてしまいますが、旧借地借家法だと地主側が明らかに立場が弱くなってしまうという側面がありました。旧借地借家法によって地主と借地人のパワーバランスが均衡を保っていられれば良かったのですが、そうはならず借地人の権利が大きくなりすぎてしまったのです。地主が土地を返してほしくても返してもらうことができなかったり、更新に逆らえないといったことも起きました。また、土地を返すのと引き換えに立ち退き料を要求するような人も増えてきたのです。

もともと立場の弱いはずだった借地人を守るための法律として誕生したのですが、それが借地人に必要以上の権利を与えてしまうことになりました。これが旧借地借家法の大きな問題点です。借地人の権利が強く地主には不利な内容となっていましたし、バブルの時代に時代が跳ね上がったことで多くの地主が旧借地借家法に反対するようになりました。それを受けて平成4年に新借地借家法が施行されたのです。ただ、平成4年より以前からの借地については今でも旧法が適用されています。借地人が不利にならないよう平成4年以前に契約している借地については旧法が適用となっているのです。