借地借家法の新法と旧法


男性借地借家法という法律を耳にしたことがある方もおられるでしょうが、これは土地や建物の貸し借りをするときに関わってくる法律です。土地や建物を貸し借りするときに明確な決まり、ルールがないとさまざまな問題が発生してしまいますし、大きなお金が動くこともありますからこうした法律が制定されました。ただ、現在借地借家法と言われているのは新しく制定された新法のほうになりますが、旧借地借家法との違いとはいったい何なのでしょうか。

現在の借地借家法は平成4年に施行された新法です。大正10年から長く続いてきた借地借家法が改正されたのですが、やはりそれにはさまざまな理由があります。旧借地借家法は借家人や借地人を強く保護する性質があったのですが、そこに大きな落とし穴がありました。旧借地借家法のせいでいろいろな問題が発生したのは事実ですし、大きなトラブルなども頻発するようになってしまったのです。そこで、ついに借地借家法を改正することになったということです。

借地借家法の旧法と新法にいったいどんな違いがあるのか、というのを明確に理解している方は少ないと思いますが、これから土地や建物などの不動産を貸し借りする予定があるのなら知っておくべきことです。そこで、このサイトでは借地借家法の新法と旧法との違いについてご紹介しますから、気になる方はぜひ読んでください。旧法と新法の違いを知っているだけでも今後役立つことはあると思います。