新法の特徴

土地新しく施行された借地借家法の特徴ですが、こちらは旧法に比べて地主の権利が強くなりました。それまでは借地人や借家人の権利が大きくなりすぎてしまい地主の反発を招いてしまいましたし、そうした問題点を踏まえた上で新しく借地借家法が誕生したのです。定期借地権つきの建物の場合だと契約する期間が満了すると借地人は土地を更地にして地主に返さなくてはならなくなりましたし、以前のように返す返さないで揉めるようなこともなくなりました。借地権の更新もできませんし、昔のように土地の返還を巡ってトラブルが発生するということも少なくなったのです。

つまり、借地借家法の旧法と新法の違いというのはどちらの権利を重視するかという部分が違います。旧法では立場的に弱いと考えられる借地人や借家人に強い権利を与えてしまいましたが、それが原因でトラブルが多発してしまいました。そのため、新法では地主に強い権利を与えています。もちろん、地主の権利が強くなりすぎてしまっては借家人や借地人が不利になりすぎてしまいますからそこはしっかり考えられています。旧法のように偏らず、均衡したバランスを保てるようになったことが大きく変わったポイントではないでしょうか。

旧法の問題点

考える人立場の弱い人を守るための法律、と言えばとても素晴らしい法律のように思えてしまいますが、旧借地借家法だと地主側が明らかに立場が弱くなってしまうという側面がありました。旧借地借家法によって地主と借地人のパワーバランスが均衡を保っていられれば良かったのですが、そうはならず借地人の権利が大きくなりすぎてしまったのです。地主が土地を返してほしくても返してもらうことができなかったり、更新に逆らえないといったことも起きました。また、土地を返すのと引き換えに立ち退き料を要求するような人も増えてきたのです。

もともと立場の弱いはずだった借地人を守るための法律として誕生したのですが、それが借地人に必要以上の権利を与えてしまうことになりました。これが旧借地借家法の大きな問題点です。借地人の権利が強く地主には不利な内容となっていましたし、バブルの時代に時代が跳ね上がったことで多くの地主が旧借地借家法に反対するようになりました。それを受けて平成4年に新借地借家法が施行されたのです。ただ、平成4年より以前からの借地については今でも旧法が適用されています。借地人が不利にならないよう平成4年以前に契約している借地については旧法が適用となっているのです。

旧法の特徴

家基本的に土地や建物などの不動産を持つ人というのは裕福な人ですし、経済的に恵まれた立場にある人です。豊富な資産、財産を持つ人が多くを占めていましたし、そうした人たちが土地や建物などの不動産を貸し出していました。借りる側の人はどうしても貸す側の人よりも立場が弱くなってしまうことが多かったですし、貸してくれる人からの要求には逆らえないことが多かったため借地借家法ができました。つまり、経済的にも立場的にも弱くなってしまいがちな借家人、借地人を保護することを目的として旧借地借家法が誕生したということです。

もし借地借家法によって借家人や借地人が保護されていなかったとなるとどうなるのでしょうか。先ほどもお話したようにどうしても立場が弱くなってしまいますし、今すぐ出て行けと言われたらそれに従うしかなくなってしまいます。どこにも行くあてがないのにいきなり出ていけと言われても困ってしまいますし、明日からの生活も立ち行かなくなってしまうでしょう。こうしたことが起きないよう借家人や借地人を保護するために借地借家法が誕生しました。これだけ聞くととても素晴らしい法律のように思えますが、実はさまざまな問題点もあったのです。

借地借家法の新法と旧法

男性借地借家法という法律を耳にしたことがある方もおられるでしょうが、これは土地や建物の貸し借りをするときに関わってくる法律です。土地や建物を貸し借りするときに明確な決まり、ルールがないとさまざまな問題が発生してしまいますし、大きなお金が動くこともありますからこうした法律が制定されました。ただ、現在借地借家法と言われているのは新しく制定された新法のほうになりますが、旧借地借家法との違いとはいったい何なのでしょうか。

現在の借地借家法は平成4年に施行された新法です。大正10年から長く続いてきた借地借家法が改正されたのですが、やはりそれにはさまざまな理由があります。旧借地借家法は借家人や借地人を強く保護する性質があったのですが、そこに大きな落とし穴がありました。旧借地借家法のせいでいろいろな問題が発生したのは事実ですし、大きなトラブルなども頻発するようになってしまったのです。そこで、ついに借地借家法を改正することになったということです。

借地借家法の旧法と新法にいったいどんな違いがあるのか、というのを明確に理解している方は少ないと思いますが、これから土地や建物などの不動産を貸し借りする予定があるのなら知っておくべきことです。そこで、このサイトでは借地借家法の新法と旧法との違いについてご紹介しますから、気になる方はぜひ読んでください。旧法と新法の違いを知っているだけでも今後役立つことはあると思います。